キュートな野鳥たち
Koishi

キュートな野鳥たちへ

ようこそ!

Koishi(ベルル)です。

googleカスタム検索を、このサイト内の検索に利用して下さい。


 

 あとりえ「パ・そ・ぼ」のリンク

 

 メインメニューへ

 

 Myブログたちの最新記事一覧 (RSS)

 

 あとりえ「パ・そ・ぼ」コーナー (Jimdo)

 

  My YouTube

  Picasa Webアルバム 

  pinterest 

 

  My Twitter   

  Facebookページ

 

  パそぼのおしゃべりルーム(BBS)

 

  パそぼのおすすめコーナー集  

 

  イベント情報(Myブログ)へ

 

 その他「リンク集」のページへ

 

 

「当ホームページ上のすべての文章や画像などの無断転載を禁止します。」

   あとりえ「パ・そ・ぼ」

アクセスカウンター

 

外国語に翻訳しよう (和文・英文の切替)

→ すべてのメモ(ブログ)を見る

2012/6/11

Jimdoで作ったのサイトを日本語と英語に切り替えて表示したい!

方法はいくつかあります。 

 誰にどの程度の内容を読ませるのか、更新の頻度などを考慮して検討しましょう。

 機械翻訳で いい加減な英文を書いて信頼感を失うことがないように。

 

 

機械翻訳ではなく きちんとした文章を載せたい場合は、同じ内容のページを日本語と英語の両方つくります。

ページの肩あたりに、切り替えのリンクを貼ります。

 

方法

A) サイトをそっくり2つ作る。TOPページで切り替え。 

  例)サンメディカル http://www.sunmedical.co.jp/index.html 

    高研 http://www.kokenmpc.co.jp/index.html
    鶴見大学 http://www.tsurumi-u.ac.jp/

 

B) 個別のページをそっくり2つ作る。 

  例)ここに作りました。 ・ とりのトリビア  ・ Trivia of wild bird

 

C)本文を 日英両方書くという シンプルなやり方もあります。

  例)Myブログに作りました。

  ⇒ Facebookページを作ろう ~ あとりえ「パ・そ・ぼ」のITノート

 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

 

Jimdoで、やってみよう。

A) は、試していないけれど、難しくはありません。

   じっくりやれば いいものができそうです。

 

B) は、英文と和文のページの切り替えリンクがポイントです。

 まず、ほとんど日本人向けに出来上がっているこのサイトで試してみましょう。

 日本語のページと同じ内容の英語のページを 試験的に作りました。

 ・とりのトリビア   日本語

 ・Trivia of wild bird   英語

 

ここのページは、英文表示するつもりで作っていないけれど、

 B) 又は C) を採用する場合は、最初からメニューなど 日本人が見てわかる範囲で 英語にしておくといいですね。

 例) ホーム → Home、 ニュース → News ギャラリー → galleryなど

 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

 

D) 内容の更新が多くて 両方書けない場合は、別の方法を考えましょう。

 

機械翻訳で、なんと52ヶ国語に翻訳!

そんな、ガジェットを見つけました。

 ★ → Google Website Translator Gadget

 

ここに、ガジェット(翻訳ボタン)を 使ってみました!

 Jimdoでの使い方のポイントは、サイドバーに貼ること。

 プルダウン型翻訳ボタンは、他ブログではOKでしたが、Jimdoでは レイアウトが崩れ、誤動作のもとにもなります。

 おすすめは、タブ型! サイドの下方 目立たないところに貼りました。

 「翻訳」という文字が 左上に 見えるでしょうか!

それをクリックすると 上部に翻訳バーが現れ、言語を選ぶと翻訳します。

メニューなど ほぼ全てが 翻訳されますし、他のページに移動しても、翻訳機能は維持されるので、便利です。

 機械翻訳の精度は、元の日本語の文章にかかっています。

 あらかじめ、書いた文章を機械翻訳して、確認しておくといいですね。

 

Myブログにガジェット(翻訳ボタン)を使ってみました。

  ⇒ 翻訳ガジェットを使ってみる ~ Myブログ「川と緑のある景色」

 ⇒ ブログの翻訳ボタンを設置したよ。 ~ Myブログ「ベルルの欲しいなブログ」