キュートな野鳥たち
Koishi

キュートな野鳥たちへ

ようこそ!

Koishi(ベルル)です。

googleカスタム検索を、このサイト内の検索に利用して下さい。


 

 あとりえ「パ・そ・ぼ」のリンク

 

 メインメニューへ

 

 Myブログたちの最新記事一覧 (RSS)

 

 あとりえ「パ・そ・ぼ」コーナー (Jimdo)

 

  My YouTube

  Picasa Webアルバム 

  pinterest 

 

  My Twitter   

  Facebookページ

 

  パそぼのおしゃべりルーム(BBS)

 

  パそぼのおすすめコーナー集  

 

  イベント情報(Myブログ)へ

 

 その他「リンク集」のページへ

 

 

「当ホームページ上のすべての文章や画像などの無断転載を禁止します。」

   あとりえ「パ・そ・ぼ」

アクセスカウンター

 

ヒヨドリ

ヒヨドリって、どんなイメージかしら?
 身近にいて、鳴声がうるさい、地味な色の野鳥。
 庭の木の実を食べちゃう野鳥。

ヒヨドリ(鵯、Hypsipetes amaurotis)は、スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属に分類される鳥。
日本国内ではごく普通に見られるが、他の地域での生息数は少ない。


身近すぎてなかなか、撮影しないんですけれど・・・。
いざ撮ろうとすれと、気配を察知して逃げちゃうのよね。

そんな、私の写真を、集めてみました。

2009/5/10 「街の野鳥 ツバメとヒヨドリ」




 これは、最高!


2010/1/17 葛西臨海公園で


2009/04/03 桜の散歩で会ったヒヨドリ


2009/03/21 桜の蕾とヒヨドリ


2008/11/18 秋の陽射しに


2008/6/28 6月末の野鳥園で


2008/2/20 冬の緑道公園で


2007/5/19
1年中 朝からけたたましい ヒヨドリ(日本の固有種<==貴重です)


2007/1/1 お正月にパチリ


 Myブログ 「パそぼとベルルのあれこれフリーク」 ⇒ 「ヒヨドリ」で検索

2016年

3月

03日

3/3 河津桜と野鳥たち

2016/3/3 河津桜を見に、旧中川の川岸までやってきました。

 

 

「河津桜と野鳥たち」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
花の写真はこちら。 ⇒  20160303_散歩シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」


ヒヨドリが花の間を飛び交っています。

クリックすると元のサイズで表示します
河津桜に スズメちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

大きな声でさえずるシジュウカラは、枯れ枝に ♪
クリックすると元のサイズで表示します
めも:2016/03/03 CX2 で撮影

こちらもみてね。 ⇒ 20160303_散歩シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」 


続きを読む

2015年

3月

13日

春の身近な野鳥:ヒヨドリ

カワヅザクラが咲いているかも! と見に行きました。

20150313_小松川千本桜 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

カンヒザクラなどの花には、おなじみのいろんな野鳥がいますよ。

桜にヒヨドリ



めも:2015/03/13 SP570UZ で撮影

春の身近な野鳥 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

続きを読む

2012年

12月

27日

ヒヨドリがやってくる

  → すべての野鳥日記(ブログ)を見る

 

毎年、冬には玄関脇のホーリー(セイヨウヒイラギ)の実を食べに ヒヨドリがやってきます。

ついでに、他のお花もついばんで、おみやげを置いていくんですけど・・・。

 ⇒ セイヨウヒイラギ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 

 

今年は、12月中頃、ホーリーの鉢を一時的にベランダに移動しました。

それからというもの、ベランダに、ヒヨドリがやってきます。

食べるものは無いはず。

室内からそっと見るのはいいけれど、ちょっとでも動くと気配を感じて去っていきます。

写真を撮りたいけれど、カメラの側まで移動できなくて~ (^^ゞ

 

そういえば、一昨年の冬は、ベランダに ミカンや 「バードケーキ」をくっつけた枯れ枝を置いて シジュウカラやメジロが来ないかと 待ちました。

 ヒヨドリには止まりにくい枝にしたので、来たのは 小さなスズメ。

近所のベランダには メジロが来るんですよ~。いいなぁ

 

 

 

 

詳細はこちら! ⇒ ヒヨドリがベランダに! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 

この話も面白かった! ⇒ 津軽海峡を渡るヒヨドリの大群 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」